请选择 进入手机版 | 继续访问电脑版

中国琉球网

 找回密码
 立即注册

QQ登录

只需一步,快速开始

中国琉球网 首页 文化广场 查看内容

台湾岛高山族的刺青图腾文化

2016-10-6 22:45| 发布者: 台灣獵戶人| 查看: 9666| 评论: 3|原作者: 八重王

摘要: 1763年朱仕玠于「小琉球漫誌」卷八,海东賸语(下),衣饰 (篇):肩、背、胸膛、手臂,以针刺 花,用黑烟 文 之。土官 刺 人形,副土 及 公戒 祗刺 墨花,或刺 蝌蚪字 及 虫鱼 之状。以文身命之祖父,忍痛刺之,云不敢 ...
1763年 朱仕玠:小琉球(台湾岛)漫誌
http://bbs.liuqiu-china.com/forum.php?mod=viewthread&tid=58459


清乾隆二十八年(1763),朱仕玠 移凤山。因将赴任途中及在台闻见以及郡邑志所载山川风土、昆虫草木与内地殊异者详予记述,间以五、七言宣诸謳咏,因名「小琉球(台湾岛)漫誌」。全书计六编:
曰泛海纪程、曰海东纪胜、曰瀛涯渔唱、曰海东賸语、曰海东月令、曰下淡水社寄语。


小琉球漫誌卷八,海东賸语(下),衣饰 (篇)
肩、背、胸膛、手臂,以针刺 花,用黑烟 文 之。土官 刺 人形,副土 及 公戒 祗刺 墨花,或刺 蝌蚪字 及 虫鱼 之状。以文身命之祖父,忍痛刺之,云不敢背祖也。
海槎余录 云:「黎俗男女 週岁 即文其身。自云:不然,则上世祖宗不认其为子孙也」。



《隋书-琉求 传》:「妇人以墨鲸手,为”虫蛇之文”。」
此「隋书」的《琉求》泛指:中国东海的《琉球列岛、台湾岛》等区域。




明清两朝时期,称非汉族之人为《夷人、生番》。近代则改称《高山族、原住民》。
目前台湾当局,又将岛上细分为《阿美族、泰雅族、排湾族、布农族、卑南族、鲁凯族、邹族、赛夏族、雅美族、邵族、噶玛兰族、太鲁阁族、撒奇莱雅族、赛德克族、拉阿鲁哇族、卡那卡那富族》等16族共计约53万人,高山族各族群拥有自己的文化、语言、风俗习惯、社会结构,对台湾岛而言,原住民族是历史与文化的重要根源,也是独一无二的美丽瑰宝。
「阿美族」:阿美族分佈在中央山脉东侧,立雾溪以南,太平洋沿岸的东台纵谷及东海岸平原,大部份居住于平地,只有极少数居于山谷中。
「泰雅族」:泰雅族分布在台湾中北部山区,包括埔里至花莲连线以北地区。

「排湾族」:排湾族以台湾南部为活动区域,北起大武山地,南达恆春,西自隘寮,东到太麻里以南海岸。
「布农族」:布农族分布于中央山脉海拔一千至二千公尺的山区,广及于高雄县那玛夏乡、台东县海端乡,而以南投县境为主。
「卑南族」:卑南族分布于台东纵谷南部。
「鲁凯族」:鲁凯族分布于高雄县茂林乡、屏东县雾台乡、台东县东兴村等地。
「邹族」:邹族主要居住于嘉义县阿里山乡,亦分布于南投县信义乡。
「赛夏族」:赛夏族居住于新竹县与苗栗县交界的山区,又分为南、北两大族群。北赛夏居住于新竹县五峰乡,南赛夏居住于苗栗县南庄乡与狮潭乡。
「雅美族(达悟族)」:雅美族分布于台东的兰屿岛上的六个村落,为台湾唯一的一支海洋民族,与巴士海峡南段(美日私相授受后被菲律宾窃占殖民地)《巴坦(巴丹)群岛》同文同族。
「邵族」:邵族分布于南投县鱼池乡、水里乡,大部份邵族人居住日月潭畔的日月村,少部分原来属头社系统的邵人,则住在水里乡顶崁村的大平林。
「噶玛兰族」:噶玛兰族,过去居住于宜兰,目前迁居到花莲、台东。
「太鲁阁族」:太鲁阁族大致分佈北起于花莲县和平溪,南迄红叶、太平溪这一广大的山麓地带,即现行台湾当局行政体制下的花莲县秀林乡、万荣乡、少部份的卓溪乡立山、崙山等地。
「撒奇莱雅族」:撒奇莱雅族的聚落主要分佈于台湾东部,大致在今日的花莲县境内。
「赛德克族」:赛德克族的发源地为德鹿湾(Truwan),为现今仁爱乡春阳温泉一带,主要以台湾中部及东部地域为其活动范围,约介于北方的泰雅族、南方的布农族之间。
「拉阿鲁哇族」:高雄市桃源区高中里、桃源里、那玛夏区玛雅里。
「卡那卡那富族」:高雄市那玛夏区楠梓仙溪流域两侧,现大部分居住于达卡努瓦里、玛雅里。
以上为台湾岛《高山族群》,再细分的十六族分布区域位置。



据史料记载,数百年前的台湾(小琉球)岛生番部落间,大都无文字记载,其「手纹」即是族群部落文化与文字的传承。


刺青的「工具」,则是在一支长约15公分木棒的一端,装上牙刷状的金属针,和一支长25公分的棒状木槌及由炉火中取得木炭所制成的墨汁。被刺青者呈躺卧状,再由刺青的人单手将金属针部份置于被刺青其脸部,以木槌击之,所流出的血,则用薄竹片拭去后,并将木炭涂在脸上,这种刺青方法,过去在台湾的其他原住民间也很常见。「纹面」,存在于《泰雅族、太鲁阁族、赛德克族、赛夏族等等》,其标示图腾纹样各异,所重者亦不同,惟纹面施行者,需品行良好之妇女,因先民医药缺乏,为防纹面后遭受细菌感染伤口,故多在秋冬季节施行之,昔日曾纹面之原民耆老,今已多半凋零后人只能从文献和照片中追寻。然而,台湾生番刺青传统文化在1895年后,日本殖民者进入台湾后,就逐渐严格禁止台湾生番刺青活动,使得台湾高山族的刺青文化传统渐渐消失。

然而,日本殖民者自1872~1948年间,陆续在其殖民地《虾夷岛(北海道)、琉球列岛(冲绳县)、台湾岛》严格禁止《刺青》传统文化,并视为违法的行为,基本上当地原住民刺青图腾的文化已经绝迹。


《泰雅族》是个平权的社会,由具聪明才智,有领导能力的人担任部落领袖。遇到部落有重大事情时,则由头目召集长老会议以决策之。泰雅族的部落还有其他三个小团体,”祭祀、狩猎、共负罪责”三小团体《ga-ga》。

《泰雅族》以「面部刺纹(黔面)」闻名,主要的部位多在面部,而纹身的意义主要有四个:
《族群》标记:以区别我群和他群,避免在战争时杀伤到自己人。
《成人》标记:表示通过考验,获得结婚的资格,并可公开参加社群活动;若应纹身者,达到一定年龄而未纹,会被族人讥笑为未成年人,并视为一种凶兆。
《成就》标记:以男性来说,是猎头较多,以显示其勇气与成果之代表记号为主;而女性,则是织布技术高超,获族人认同者。
《美观》标记:是一种装饰,此种看法与一些非洲或大洋洲的民族看法相似,有花纹分明者為美。

下图:台湾岛《泰雅族》「纹面」。

IMG_20160930_104411.JPG



高山族刺青《纹面(黔面)》的意义,除了美观以外,
对女子而言,也代表”善于织布可论及婚嫁”的女子。
会男子而言,则是猎过别的部落首级(人头),正式成为能够勇敢独当一面,保家卫社稷的标誌,是成年的象徵。同时也是意味着,高山族人死后认祖归宗的标誌,所以又被台湾平地汉族称之为《黥面番》或《王字番》。
男性一向《刺额纹》、《颐纹》,
女性则《刺额纹》、《颊纹》。
部落族人,如果谁能猎人头且多次成功的男子勇士、或者部落族人织布技术超群的女子,则男、女有其特权分别在”胸、手、足、额”等部位,刺上特定的花纹,作为其荣耀的表徵。

IMG_20160930_104222.JPG

上、下图:『推有纹面的《太鲁阁族》耆老,逐渐凋零,硕果仅存的纹面耆老都是百余岁的人瑞级。

IMG_20160930_104200.JPG




《排湾族、鲁凯族》,刺青纹身是部落贵族的权力,纹身的部位大多在「胸部、背部、手腕、手臂」,至于刺青图腾纹有”人形纹、人头纹、蛇形纹”,也只有头目的直系亲属才可以使用。排湾族人的刺青纹身纹样部落传说相关,採用的是他们头目或氏族的标誌。例如:头目的祖先是蛇生陶壶或太阳卵生,其后裔便会刺上蛇纹、陶艺纹和太阳的纹饰,排湾族也曾利用百步蛇纹来纹身。纹身是贵族的特权,藉此来显示自己的尊严。
《排湾族》
常用的刺青纹饰图腾如下:
(一)蛇背纹:与神话中的百步蛇有关,表现在居屋门楣、栋樑、屋墙、石版、服饰和常用的生活器皿上,是头目贵族专用。
(二)人像纹:象徵贵族头目的图像,是纪念祖先形象的纹饰,使用整个人头纹饰,且具有贵族之名,而无贵族之实,是因特殊原因(如:婚姻)而晋身贵族者可用。
(三)人首纹:部落中负有特殊责任的平民,由头目赐予在身上刺纹的特权,也有人是利用贡物换取特权的例子,使用人首纹,只有头目直系才能享有
(四)纹手:贵族专有的纹手权利,一般少女成长到十七、八岁即为成年,家族就会为她準备纹手,刺上代表家族纹样的特有纹饰。


IMG_20161003_101241.JPG

上、下图:台湾岛《排湾族》刺青「手纹」图腾样式。
台湾岛高山族的《排湾族》传统社会中,「手纹」不但是女性身份地位的象徵,也是当时阶级制度的呈现,纹路的图腾则依身份等级可以分为好几级。
以屏东县佳兴村的纹手来说,「山、川、土地、太阳、人形」等构成台湾岛排湾族基本图案,《纹手的图样》则有七种。
如果手纹分为五级的话,第一级就代表”头目”,第二到第四级是”贵族”,不是每个人都可以纹手,而且也不可以乱纹,不同的图腾代表著不同的意涵。
”头目”的刺青纹手,
「人形纹」:代表管理百姓的权力,纹于双手大拇指处有个比较「复杂的人形」。
「掛鉤纹」:获猎物。
「百步蛇颈纹」:是生命力旺盛。
排湾族的纹手和部落的社会组织架构有密切关係,是阶级的呈现,纹手对排湾族女子来说,也是贞洁的象征。


IMG_20160930_104241.JPG



《赛夏族》,有纹于胸口之习俗,其纹样:
一、 菱形纹:菱形的形状,就像是人的双眼一样,赛夏族人认为菱形是祖灵的眼睛,所以将菱形织在服饰上,就像是祖灵守护著族人,同时也是告诫族人不可以作坏事。
二、 卐字形纹:『卐』大自然的天候现象『闪电』,『闪电』的图纹织在服饰上,纪念雷神且时时刻刻警惕要勤劳不要懒惰。



台湾生番(高山族)的身体「毁饰」,大体分为四种,
一、纹饰、纹面、纹身、《纹手》。
二、涅齿。
三、拔齿。
四、除毛。


「泰雅族」妇女,”双颊”上有「两道三十字纹」,此为其巧手能织之象徵,取材自远足文化《台湾的原住民》一书,摄于2000年前后,从上图也可知,老妇”门牙后之犬齿”亦已拔去。大柢而言有「涅齿」习俗之族群无拔齿习俗,反之亦然。


《泰雅族,太鲁阁族,赛德克族》的纹面,主要有”额纹,颊纹,颐纹”三类。
「额纹」,则依族群不同,分成”有框,无框单,三,五,七,十字”纹。
「颊纹」,则分纹”单十字、三十字”纹。
「颐纹」,则多为”单纹”。


IMG_20160930_104439.JPG

IMG_20160930_104451.JPG

IMG_20160930_104425.JPG

IMG_20160930_104503.JPG


IMG_20160930_104102.JPG


下图注:

日本殖民台湾时期,在其殖民历史文献上被称「纱绩族」。在2008年后,重新正名成《赛德克族》,其方言族群大体分为三个群体:
(1)道泽 群、(2)德路固 群,(3)德克达雅 群。
1930~1931年间,雾社抗日事件由「德克达亚群 -马赫坡社」头目「莫那·鲁道」所领导浴血奋战抗日。


IMG_20160930_104356.JPG

IMG_20160930_104329.JPG

IMG_20160930_104316.JPG




鲜花

握手

雷人

路过

鸡蛋
发表评论

最新评论

引用 台灣獵戶人 2016-10-4 13:20
雅堂文集(清-连横) 卷三,(台湾)番俗摭闻,文身

文身皆命之祖父,刑牲设酒,社众多集,饮其子孙至醉,乃刺以针而墨之。亦有壮而自文者,虽极痛楚,忍而受之,不敢背先人训也。按文身之俗,本自 荆蛮,以避 蛟龙 之害。今 南洋岛夷 尚有此风…。


备注:
台湾岛排湾族褪色刺青《手纹》图腾。《隋书-琉求 传》:「妇人以墨鲸手,为”虫蛇之文”。」此「隋书」的《琉求》泛指:中国东海的《琉球列岛、台湾岛》等区域。

台湾岛高山族的《排湾族》传统社会中,「手纹」不但是女性身份地位的象徵,也是当时阶级制度的呈现,纹路的图腾则依身份等级可以分为好几级。以屏东县佳兴村的纹手来说,「山、川、土地、太阳、人形」等构成台湾岛排湾族基本图案,《纹手的图样》则有七种。
如果手纹分为五级的话,第一级就代表”头目”,第二到第四级是”贵族”,不是每个人都可以纹手,而且也不可以乱纹,不同的图腾代表著不同的意涵。
”头目”的刺青纹手,「人形纹」:代表管理百姓的权力,纹于双手大拇指处有个比较「复杂的人形」。「掛鉤纹」:获猎物。「百步蛇颈纹」:是生命力旺盛。
排湾族的纹手和部落的社会组织架构有密切关係,是阶级的呈现,纹手对排湾族女子来说,也是贞洁的象征。

http://www.liuqiu-china.com/portal.php?mod=view&aid=1813

引用 关天培 2016-10-6 17:53
清康熙年,”徐葆光”奉使琉球「册封中山世子为王」后,回京述职撰写「中山传信录」-卷第六,女集(钱、女饰)篇:手背皆有青点,五指脊上黑道直贯至甲边;腕上下或方、或圆、或鬌,为形不等,不尽如梅花也。女子年十五,即针刺,以墨涂之,岁岁增加;官户皆然。

琉球列岛的妇女「刺青《ハジチ (Ha-ji-chi)》」图腾文化,据悉琉球列岛在各别群岛有着不尽相同刺青图腾,如,奄美(大岛)群岛左右双《手纹》常以刺《“+”,“卍”,“※”》等图腾符号为主。女性在手背上的「刺青《ハジチ (Ha-ji-chi)》」图腾,能代表着祈求平安怀孕、顺利生产与族人子孙后代的繁荣昌盛。

「琉球刺青《ハジチ (Ha-ji-chi)》」,此类图腾极为相似台湾岛生番(高山族)手纹刺青文化,并且完全不同于日本殖民者本土三岛(本州岛、四国岛、九州岛)《入墨》文化。
据悉,当时琉球列岛官民婦女在近成年后,都会在左右《手背、手指、手腕》上施以特有的图腾刺青,随着年纪增大图腾范围也随之增加,此类「手纹图腾」刺青,则是专门用来避邪祈福。

http://www.liuqiu-china.com/portal.php?mod=view&aid=1814
引用 台灣獵戶人 2019-10-13 22:54
『台湾島高山族の刺青トーテム文化』
史載によると、1763年朱仕玠「小琉球(台湾島)漫志」は、清の乾隆二十八年、朱仕玠移ファンヘド・ポンサン)。赴任の途中、台湾聞見や郡邑志に掲載された山川の風土、昆虫草木と内地の殊異者に詳しく記述され、間に五、七言宣の諸を詠み、「小琉球(台湾島)漫志」と命名された。全書計六編:曰汎海紀程、曰海東紀勝、曰瀛涯漁唱、曰海東語、曰海東月令、曰下淡水社寄語。

小琉球漫志巻八、海東語(下)、衣飾(編)
肩、背中、胸、腕、針で花を刺し、黒煙で文を書く。土官は人の形を刺り、副土や公戒祗は墨の花を刺り、あるいはオタマジャクシの字や虫魚の形を刺ります。文身の命の祖父で、痛いのを我慢して刺して、雲は祖先を背負うことができない。
海槎余録雲:「黎俗男女満一歳即文其身。自雲:でなければ上世祖は子孫と認めない」。

『隋書-琉求伝』「婦人以墨鯨手、為」虫蛇之文」。
『隋書』の「琉求」は、東シナ海の「琉球列島、台湾島」などを指す。

明・清両朝時代には、非漢民族の人を『夷人・生番』と呼んだ。近代には『高山族・原住民』と改称された。近代日本の入植者と、台湾当局が島まで細分化する『アメリカン族、泰雅族、列湾族、布農族、バーゲン南族、鲁凯族、広開族、戦夏族、アーミン族、しょう族、ぶつかるヒマラヤ兰族、太鲁阁族、奇を撒いてレ雅族、戦徳熱、ラアルーワ族そのカードは、カード富族」など16族の計約53まん人、高山族各民族群を自分の文化と言語、风俗习惯、社会構造、待ち受けたにとって、先住民族は、歴史と文化の重要な根源も无二の美しい宝石。
「アミ族」:アミ族は中央山脈の東側、立霧渓以南、太平洋沿岸の東台縦谷及び東海岸平原に分布し、大部分は平地に居住し、ごく少数が谷間に居住している。
「泰雅族」:泰雅族は台湾中北部の山岳地帯に分布し、埔里から花蓮連絡線以北の地域を含む。
「排湾族」:排湾族は台湾南部を活動区域とし、北は大武山地、南は恒春、西は零寮、東は太麻里以南の海岸に至る。
「布農族」:布農族は中央山脈の海抜千から二千メートルの山間地帯に分布し、広さは高雄県那馬夏郷、台東県海端郷にあり、南投県境を主とする。
「卑南族」:台東縦谷南部に分布。
「魯凱族」:魯凱族は高雄県茂林郷、屏東県霧台郷、台東県東興村などに分布している。
ツォウ族は嘉義県阿里山郷に主に居住し、南投県信義郷にも分布している。
「賽夏族」:賽夏族は新竹県と苗栗県の境にある山岳地帯に居住し、南と北の2大民族に分かれている。北賽夏は新竹県五峰郷に、南賽夏は苗栗県南荘郷と獅潭郷に居住している。
「雅美族(達悟族)」:雅美族は台東の蘭嶼島の6つの村落に分布しており、台湾唯一の海洋民族で、バシー海峡の南の部分(日米の授受後にフィリピンに盗まれて植民地になった)の『巴坦(巴丹)群島』と同文同族である。
「邵族」:邵族は南投県魚池郷、水里郷に分布し、大部分の邵族は日月潭畔の日月村に居住し、少数はもともと頭社系統の邵人で、水里郷頂崁村の大平林に住んでいた。
噶瑪蘭族:噶瑪蘭族、かつては宜蘭に居住し、現在は花蓮、台東に移住している。
太魯閣族:太魯閣族は北は花蓮県和平渓、南は紅葉、太平渓という広大な山麓地帯、即ち現行の台湾当局の行政体制下の花蓮県秀林郷、万栄郷、少数の卓渓郷立山、侖山などに分布している。
「撒奇莱雅族」:撒奇莱雅族の集落は主に台湾東部に分布し、ほぼ今日の花蓮県境にある。
「賽徳克族」:賽徳克族の発祥地は徳鹿湾(Truwan)で、現在の仁愛郷春陽温泉一帯であり、主に台湾中部及び東部地域を活動範囲とし、北方の泰雅族、南方の布農族の間に位置する。
「拉阿尔哇族」:高雄市桃源区高中里、桃源里、那馬夏区マヤ里。
「卡那卡那富族」:高雄市那馬夏区楠梓仙渓流域両側、現在大部分はダカヌーワリー、マヤ里に居住している。
以上が台湾島の『高山族群』であり、さらに細分化された十六族の分布域である。

史料によると、数百年前の台湾(小琉球)島の生番部落にはほとんど文字の記載がなく、その「手紋」は部族の文化と文字の伝承であった。刺青の「道具」は、長さ約15センチの棒の端に歯ブラシのような金属の針と、25センチの棒状の木槌とストーブの火から取った炭でできた墨汁。刺青をされた者が横向きになり、その顔に刺青をされた者が片手で金属針の部分を置き、木槌で打って、流した血を薄い竹で拭った後、木炭を顔に塗る刺青方法は、かつて台湾の他の原住民の間でもよく見られた。存在「あや面」、「泰雅族、太鲁阁族、サイド熱、戦夏族など、』と、その表示トーテム文様が異なるため、所の権力者たちも違って、惟纹面、施行者でなければ品行の良い女性、変貌医薬不足、防纹を面の細菌感染傷を被った後、故余り、秋冬の施行し、昔日は纹面の原民耆老、今は多分万物の子孫からしか文献や写真でゆく。しかし、台湾の生番刺青の伝統文化は1895年以降、日本の入植者が台湾に入ると、次第に台湾の生番刺青の活動を厳しく禁止し、台湾高山族の刺青文化の伝統は次第に消えていった。

しかし、日本の入植者は1872~1948年の間、『蝦夷島(北海道)、琉球列島(沖縄県)、台湾島』で『刺青』の伝統文化を厳格に禁止し、違法とみなした。

『タイヤール族』は知的でリーダーシップのある人が部族のリーダーを務める同権社会だ。部族に重大な事柄がある場合には、ボスが長老会議を招集してそれを決定する。タイヤール族の部族には他に3つの小集団がある。

『泰雅族』は「顔刺紋(黔面)」で有名で、主な部位は顔に多いが、入れ墨の意味は主に4つある。
「族群」の表記:私の群と彼の群を区別して、戦争の時に味方を殺傷することを避けます。
『成人』マーク:試験を通過して、結婚の資格を獲得して、そして公にコミュニティの活働に参加することができることを表します;入れ墨をしている人に応じて、一定の年齢に達しても入れ墨をしていない人は、未成年者だと皮肉られ、一種の凶兆と見なされる。
「成果」の印:男性の場合、ヘッドハンターが多く、勇気と成果を示す代表的な印;女性は、織物の技術が優れていて、族に認められている人です。
『美観』の標識:一種の装飾であり、この種の見方は一部のアフリカあるいはオセアニアの民族の見方と似ており、模様がはっきりしている者は美である。

『パイワン族』でよく使われる刺青のトーテムは以下の通り。
(一)蛇の背紋:神話の中の百歩蛇に関連して、居屋門の壁、棟梁、壁、石版、服飾と常用の生活の器の上で表現して、親分の貴族専用です。
(2)人纹:は贵族のボスの画像を象徴し、先祖のイメージは記念ブル、どちらも首全体をかつ贵族の人、無貴族の実で、特殊の原因は、晋(如:婚)で身を贵族の者に使える。
(3)人初の纹は、部族で特殊責任の庶民は、ボス、社殿に刺し纹の特権をも貢物わ特権を利用した例は、ヒトの曲の纹、ボスの直系こそ享受
(四)紋手:貴族特有の紋手の権利で、普通の少女が十四、六歳まで成長して成年になると、家族は彼女のために紋手を准備して、家族の紋様を代表する特有の紋飾りを刺します。

http://www.liuqiu-china.com/portal.php?mod=view&aid=1815

查看全部评论(3)

手机版|小黑屋|Archiver|中国琉球网 ( 闽ICP备13003013号 )

GMT+8, 2024-4-14 19:03 , Processed in 1.492294 second(s), 11 queries , File On.

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2023 Discuz! Team.

返回顶部